川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

自分が激変してそれが継続すると相手は少しずつ少しずつだけ変わっていく

 

恋愛でも

 

友達でも

 

夫婦でも

 

親子でも

 

血が繋がっていようがいまいが、結局は自分と相手は

 

別の人間

 

である。

 

 

極端にお金が絡んだり、

 

職場の階級による絶対的な命令系統の中にいたり

 

そんな特別な仕組みでもなければ、

 

自分が相手を変えることなど、そう簡単にできるものではない。

 

大人なら、これまでの人生の中で理解できるはずだ。

 

 

例えば恋愛。

 

 

「こんなに僕はあなたのことが好きなんだから、あなたは僕を好きになってほしい」

 

 

そう言われたって、「はい、分かりました」と好きになることなんてない。

 

 

「いやいやいや、なんでそうなる?」

 

という疑問と驚きしかないよね?

 

 

もちろんね、そう伝えることで相手の気持ちの中に何かしらの良い変化が起きることはあるだろうけど

 

それで本当に自分のことを好きになってくれたりはない。

 

だよね?

 

 

そうだったよね?

 

 

そしたらどうする

 

 

 

まず、相手に自分が受け入れてもらえるように自分を磨くよね?

 

 

その思いが強ければ強いほど徹底的に。

 

 

例えば相手が細マッチョな人が好きな人であれば

 

徹底的に鍛え上げ、身体をしぼる。

 

 

それはそれは徹底的に。

 

 

そしてその変化を自分で見ることによって自信がついて、そしてそれを継続したくなる。

 

 

そんな自分の変化や、そうなるに至る自分の気持ちは

 

少なからず相手にも伝わるはずなんだ。

 

 

でも、少しずつ、少しずつね。

 

 

相手の気持ちを変えるってことは、

 

 

その相手の心の中にあるかないか分からないような小さな種に

 

 

相手自らが水を撒いて目を出させてくれないと何も始まらないんだ。

 

 

自分ができることは、その小さな小さな種を飛ばすだけ。

 

まるでたんぽぽの綿毛のように。

 

その綿毛が相手にうまいこと届くかもわからない。

 

そんな薄く弱い確率を信じて

 

 

今日もまず自分が変わろうとすること。

 

 

 

それが大事。

 

 

子育て中のママ達。

 

 

自分の子供だからって、自分の思うようになるなんて考えは

 

 

1秒でも早く捨てたほうがいい。

 

 

恋愛か、それ以上に難しく労力が必要だからね?